映像制作業務の現状と宣伝やマーケティングの効果など

テレアポの内容と仕方

テレアポの業務内容と依頼する金額

通信販売などを行うために、個人や企業に電話で売りこむ仕事をテレアポといいます。テレホンアポインターを省略した呼び方で、販売だけではなく、買い取りを案内することもあります。テレアポの段階ではお客様と次回連絡の約束だけ取り付け、商品の売り込みは別の担当職員が行う場合もあります。企業内ではコールセンターなどの名称で呼ばれる部署に所属している社員がその業務に当たりますが、テレアポを専門に受け持つ外注先企業もあります。テレアポ代行と呼ばれ、電話を1件かけるごとに料金が発生する以外に、成果報酬で金額が決まってきます。誰しも知らない人から急に売り込みの電話がかかってくれば警戒しますから、なかなか難しい仕事です。

テレアポの仕事内容と成功の仕方

テレアポの仕事は、大きく2つに分けられます。データベースや顧客名簿を元に無作為に電話をかけるアウトバウンド業務と、テレビ番組やカタログなどを見て、商品購入目的で電話をかけてきたお客様の応対をするインバウンド業務です。どちらの業務も相手は見えなく、声だけで接客しますので、通常の営業以上に気をつける必要があります。はっきりと聞き取りやすく話すことはもちろん、内容は簡潔に説明するようにしなければいけません。商品について自分の意見だけを言うのも感心できません。商品がいいものかどうかは買うお客様の判断です。電話をかけた相手全員にしつこくするのも効率が悪くなります。数多く電話するのもテレアポ成功の秘訣です。